<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
金融業者の逆襲
 昨日もある業者と40分交渉したのち物別れに終わりました。
 この業者は、やたら強気で押してきます。
 もっと払えるはずだ、財産調査はどの程度したのか、頭金をいれろ、返済回数をへらせなど、言いたいことを言ってきます。
 マニュアルなのか、担当者の方針なのかわかりませんが、こういうのを相手にしてると本当に日が暮れてしましました。
 これでは任意整理は割に合わないのですが、楽な交渉で終わるときもありますのでそうも言ってられません。
 今日は静かな一日であることを祈ります。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 06:03 * comments(0) * trackbacks(12) *
親族への請求
 昨日、行方をくらましている依頼者の父親に手数料の支払いをお願いしてみました。
 ところがこの方も借金があり、息子の支払いどころか自分の支払いもままならないとのこと。
 一応事業の経営者だそうですが、見通しは暗そうです。
 どうしたものかと思案中ですが、業者から出ている取引履歴をみると、1・2件過払いになりそうなものもありますので、計算してみて過払いならそこから報酬を頂けるのですが、やってみないとわかりません。
 最悪任意整理の辞任届を各業者に出すことになりそうです。
 ついつい情にほだされて、支払いを猶予した自分が甘かったかなと反省してます。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 06:18 * comments(0) * trackbacks(67) *
親族への支払い請求
 先日の手数料を踏み倒されそうになっている件ですが、父親に請求してみようと思っています。
 請求というよりは、お願いです。
 どんな債務も相続が起きない限り、たとえ親子であろうが、夫婦であろうが、原則法律上支払い義務は発生しません。
 しかし現実問題、子供の不始末は親にも道義的責任がある場合もあるでしょう。
 今回はどうかわかりませんが、とりあえず請求する相手は行方をくらましていますので、所在をお聞きしながら、いくらかでも負担してもらえないか、あくまで「お願い」してみるつもりです。
 債務整理事件の依頼者は、お金がない方がほとんどですので、私は好意で手数料を全部分割支払いでいいですよと言っているのですが、今回のようなことは非常に残念です。
 魚心あれば水心ありといいます。
 相談される方も、その気持ちでよろしくお願いします。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683 
* 06:10 * comments(0) * trackbacks(20) *
借金の名義人
 家族や友人の名義を借りて、金融業者からお金を借りてもらうというケースが多いです。
 本人としては、当然自分が返していくつもりなので、自分の借金と思っていますし、名義を貸した人も、他人の借金という意識があります。 
 ところが、本人が返せないととなったときは困ります。
 名義を借りた方は自分が借りていると言って相談にみえますが、法律的にはあくまでも借りた名義人が当事者であり、債務整理をするにも名義人に委任を受け、名義人はブラックリスにのるということになります。
 ブラックになった名義貸し人は、へたすると最低5年間一切のカードが作れなくなるおそれもあります。
 安易に名義を貸さないよう、ご注意ください。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 06:58 * comments(0) * trackbacks(33) *
ブラックリストのペナルティ
 よくある相談で、借金は圧縮して減らしたい、利息を支払うのもいやだ、ブラックリストは困るというのがあります。
 お気持ちはわかりますが、何とも虫がいい話です。
 今でこそ債務の圧縮、将来利息全部カットの和解は当たり前になりましたが、もともとは承知で借りたお金ですよね。
 業者も確かに取りすぎてきましたが、借りた側にも十分に責任はあります。
 借りたら返すのが、世の中の常識と思うと、ブラックリスト(事故情報)に載って信用を失うのも当然と言えます。
 結局は楽してもうける的な甘い考えといわざるを得ません。
 債務の整理をお考えの方は、その辺をよーく考えて、覚悟して臨んでください。
 ご相談は無料です。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック 司法書士 熊 田 健 治 
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 06:44 * comments(0) * trackbacks(61) *
債務整理はどこまで続く
 債務整理の相談で最近多いのは、夫または妻が借金をし、又は友達と一緒に借りて、一人が整理し終わったら、その結果を見て他の一方が整理をするといったものがあります。
 こういうケースは、だいたいよく似た時期に借り始めていますので、結果が読みやすいところです。
 場合によっては、芋づる式に次々と関係者から依頼がきます。
 まだまだ債務整理によって、債務が圧縮できることや払いすぎのお金が返ってくることを知らない人がいかに多いかがわかります。
 過払請求が多いのも改正法律の施行までのあと2〜3年と思います。
 一日も早く債務整理のご相談をされるといいと思います。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 15:28 * comments(0) * trackbacks(124) *
女性の借金
 最近の無料相談でわかることは、女性の相談が多いということです。
 とくに増えているのは、夫に内緒の借金の債務整理の相談です。
 金額も結構多く、消費者金融から2〜300万ぐらいは普通にあります。
 それも5,6年前からとか10年前からとか、よくもまあまじめに返してきたものです。
 利息だけでも数100万は返しています。
 任意整理ですと夫には内緒で処理できますので、奥さんにはきっと都合がいいのでしょう。
 いったい何に使ったお金かわかりませんが、それだけの利息をはらうことを思えば、最初から家族に話してその利息分をもっと有効に使えたんじゃないかと思います。
 やはり根本には家族の問題があるのでしょう。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 05:39 * comments(0) * trackbacks(130) *
債務整理の期間と費用
 債務整理には、自己破産(申立後3〜4ヶ月・費用20万〜25万円) 、個人再生(申立後6月程度・費用30万〜35万円)、特定調停(申立後3〜4ヶ月・10万〜15万円)、任意整理(受任後3〜6ヶ月・1社につき3万3500円+成功報酬)などがあります。
 案件によりどの方法を選択すべきかは変わりますが、今どきは任意整理として過去の取引履歴の取り寄せから入るのが一般的です。
 利息過払いの業者がでてくると、当初破産の方針ですすめていたものが、破産どころか債務を返済してもお金が残るケースもあります。
 借金でお悩みの方は、一日も早く司法書士にご相談ください。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(無料)  058−337−0683

 
* 06:18 * comments(0) * trackbacks(7) *
自己破産か任意整理か
 借金返済が苦しくなり、ぎりぎりの状態で相談にみえる方は多いのですが、まじめに返済を続けてきた方は破産の必要がない場合もあります。
 5年程度まじめに返済を続けていると、利息を払いすぎたことにより借り入れの元本がほとんどなくなっているというケースもよくあります。
 司法書士は破産申立の依頼を受けた場合でも、業者から過去の取引明細を取り寄せ、利息の引き直し計算をおこないますので、その結果、はじめて現在の債務がいくらあるか確定します。 
 場合によっては、もう破産しかないと思っていたのが、逆に過払い金が返ってきたというのもめずらしくはありません。
 支払いに苦しくなったときは、ぜひ司法書士にご相談ください。
 
 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話 058−337−0683
* 05:54 * comments(0) * trackbacks(8) *
<< | 2/2PAGES |