<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 債務整理の期間と費用 | main | 簡易裁判所はやさしいところ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
親の財産の先もらい
 若夫婦が家を新築するとき親から資金援助を受けるのは一般によくあることです。
 こんなとき気になるのが贈与税です。
 最近よく使われる方法として、相続時精算贈与があります。
 かんたんに言うと、親が死ぬまでは、贈与税の計算を先送りするというものです。
 通常2500万円まで、住宅等の取得資金なら3500万円までは税金を払わなくても良いというものです。
 また建物の建築にかかわらず、子供に前もって名義を変えておくためにもこの方法が使われます。
 これにより遺言を書かなくても、一定の財産を子供に与えることができますので、この方法は今後も使われることと思われます。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 05:46 * comments(0) * trackbacks(2) *
スポンサーサイト
* 05:46 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://sakura-shiho.jugem.jp/trackback/21
 トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/08 7:49 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/25 4:05 AM |