<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 明日から出張 | main | 骨肉の相続争い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
骨肉の相続争い
 お盆がすぎて、相続の印鑑ももらえたところに、また相続問題です。
 依頼者の亡き夫の父(おじいさん) がなくなり、相続人は亡き夫の子供達と夫の兄弟3人です。
 兄弟のうち二男がおじいさんと同居していたため、ほとんどの財産を食いつぶしていたのに、残された土地建物数個を全部ほしいといっています。
 ほかの兄弟や子供達は納得いくわけありません。
 おじいさんの面倒をみてきた二男は当然のように寄与分を主張していますが、どうみても調停での争いとなりそうです。
 どうしてそんなに欲をかくのか。
 これでこの兄弟も縁切りとなるのではないでしょうか。
 人生、物や金じゃないですよ。
 人間に生まれてきことにはきっと意味があると思うのですが。
 悲しいものです。
* 06:09 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 06:09 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://sakura-shiho.jugem.jp/trackback/155
 トラックバック