<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
契約の立ち会い
 司法書士が日頃おこなう業務として、契約の立ち会いというものがあります。
 開業当時はだれしもが緊張した経験をお持ちだと思います。
 では開業して20年目の私はどうかと申しますと、いまだにいつも緊張感を覚えます。
 開業当初の緊張感とは明らかにちがいますが、やはり緊張します。
 昨日も金額は数百万と、土地の売買にしては金額は小さいのですが、売り主ははるか東北から都合を付けて来られてますので、印鑑漏れや書類の見落としは絶対許されません。
 いやでも相当の緊張感があります。
 いつも思うのは、大変な仕事をさせてもらっているという感覚です。
 私がこの仕事が好きなのは、結局はいつまでたってもこの緊張感を味わえるというところかもしれません。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683 
* 06:26 * comments(0) * trackbacks(6) *
遠方の売り主
 先週、顧問先の会社から不動産を買いたいので登記の準備をしてほしいという依頼を受け、資料を送っていただいたのですが、売り主は九州の方です。
 顧問先を通じて、書類の不備はないか確認してもらったのですが、はっきりしません。
 不動産業者が入らないので、直接自分で電話により確認をすることになりました。
 そうしてみると、登記簿の住所も氏名もまちがっています。 
 法務局で調べても、登記が古くて申請書が保管されておらず、更正登記が必要とのこと。
 あわてて戸籍と住民票を郵送で取り寄せました。また一般の方には権利証の見方もよくわからないのが普通ですので、何とも心配な売買となりました。
 今度の日曜にこちらへ来られて決済をするということですが、また頭のいたい案件です。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 05:17 * comments(0) * trackbacks(152) *
| 1/1PAGES |