<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
業者がわからない
 債務整理の相談に見えた方。

何年も前に数社完済したとのこと。

取引期間は10年近くあるというのですが、名前が思い出せない。

いくつか名前をあげても、どれがどれかわからず、過去の伝票などもないとのこと。

それらしき所へ当てずっぽで受任通知を出してみようかとも思うのですが、どうも気がひけます。

何か記録を探してもう一度思い出してもらうようにお願いしましたが、今では業者もどんどん

名前が変わってしまい、ますますわからないのでしょう。

この一年だけでも大手のクレジットが名前を変えてしまっています。

めまぐるしい消費者金融界ですが、完済後10年間は過払い請求できますので、今一度

以前借金を返し終わったところはないかご一考ください。


さくら司法書士事務所

司法書士 熊 田 健 治

相談専用電話 (相談無料)058−337−0683
* 06:03 * comments(0) * trackbacks(5) *
微妙な過払い金
 過払いが20〜30万という数字はやりにくい案件です。

業者によっては、5割とか6割しか絶対払えないしかも支払いは半年先と言います。

裁判をやれば勝てるとしても、裁判の費用を考えると結局は費用倒れになりお客さんのメリットがすくなくなります。

結局泣き寝入りのような形で10数万の和解となってしまいます。

相手方も全部分かっていて言ってくるのだろうと思いますが、あまり気分の良くない事例です。


さくら司法書士事務所

司法書士 熊 田 健 治

相談専用電話 058−337−0683
* 05:34 * comments(0) * trackbacks(5) *
過払い請求 いくらで和解?
過払い請求の任意の和解の場合、このところ各業者は口をそろえたように、5割でとか3割とかやたら低い金額を提示してきます。

もちろんこれは業者の単なるマニュアルですから、まともに相手にする必要はないのですが、多少でも話に時間がかかるのは困りものです。

過払い事件は今後の法改正後はどんどん減って行くことと思われますか、取引が続くかぎり10年後でも20年後でもできるということを、もっと世間に訴えていきたいものです。

消費者金融で借りている人口は2000万人とも3000万人ともいわれています。

あなたもまだまだ間に合いますよ。
* 05:57 * comments(0) * trackbacks(2) *
利息の引き下げにだまされないで
 昨年よりあったことですが、大手の消費者金融が軒並み金利を下げてきている場合があります。
 多くは5年ほど取引のあるお客さんの場合です。
 この趣旨は、過払い請求を逃れるために意図的にやっていると思われます。
 利息が法定金利以下になったことで、喜んでいてはだめですよ。
 利息が下がったどころか、債務はゼロか過払いになっている可能性大です。
 もうすぐ29%なんて高い利息はいっさい取れなくなりますが、その前にすこしでも損害を免れるためにやっているんですよ。
 何年も前に払い終わったものも返ってきますから、よーく思い出してご相談下さい。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 06:09 * comments(0) * trackbacks(1) *
簡易裁判所の代理
 今受けている案件で、久しぶりに大きな過払いが出ました。
 15年間支払ってきて300万近い過払いとなっています。
 簡易裁判所は140万までの請求しかできませんので、地方裁判所の管轄となる事件です。
 司法書士の代理権も140万が上限ですので、代理で交渉もできません。
 ではどうするかですが、以前にも一度250万の和解をやりました。
 代理はだめですが、使者というやり方、要は本人の意思を伝達するだけというやり方です。これから本人と打ち合わせをして、金額を定め、和解に応じないなら過払い金全額と損害利息を付けて裁判を起こすぞと、金融業者を威嚇するわけです。
 結果が楽しみな案件です。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 06:01 * comments(0) * trackbacks(3) *
過払い請求はいつまでできる
 昨日も数年前に特定調停をされて債務ゼロでしたが、これからでも過払い訴訟はできますかという相談メールをいただきました。
 問題は、過払い金の最終発生時期から何年過ぎているかです。
 10年間は請求できます。
 また訴訟までやらなくても、任意整理で十分対応できます。
 調停ではいくら過払いになっているか教えてくれません。(あくまで岐阜の裁判所の場合ですが)
 調停委員の手元には、法定利息に引き直した数字があるのですが、不親切な対応だと思います。
 せめて司法書士などへの相談を促していただきたいものです。
 とにかく10年ありますから、あきらめずに取り返してください。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 06:30 * comments(0) * trackbacks(13) *
苦しい消費者金融
 ある消費者金融業者に10万円ほどの過払い請求をしました。
 1週間ほどしてファクスが届きました。
 そこには長々と会社の苦しい事情が書かれており、会社存亡のため鋭意努力しておりますので、3割程度の返還で勘弁してほしいとあります。
 それでは、今まで取りすぎてあげた利益はどうしてくれるのかと思います。
 年金問題の無駄使いと同じで、使ってしまった金はありません、責任は取れません
ではだめでしょう。
 市民はそのような企業の存続などだれも願っていないはずです。
 このような企業は今ある財産を全部はき出して、精算し、足りなければ破産して消滅すべきではないでしょうか。
 高金利で苦しんできた消費者のことなど全く考えていない文書に、腹立たしさをおぼえました。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話 (相談無料) 058−337−0683

 
* 06:00 * comments(0) * trackbacks(23) *
過払いにはなりません
 先日みえたお客様で、現在1社のみ200万の残があるが、5年ぐらい返しているから過払いじゃないかという相談でした。
 可能性もありますし、悪くても債務はほとんどないかと思っていましたが、取引履歴を取り寄せてみると、頻繁に貸し借りを繰り返していました。
 以前にも同じケースがありましたが、これではだめです。
 結局100万程度の残となりました。
 財布代わりにカードで借金していては、払いすぎの金額はそんなにはなりません。
 それでも、100万の圧縮と、将来の利息カットを考えれば、任意整理はやはり効力があります。
 長期間取引があっても、ケースにより結論が変わってきますのでご注意ください。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 06:04 * comments(0) * trackbacks(32) *
日掛け金融はどこへ行く
 今年になって日掛け金融6社に過払い請求をしました。
 対応はまちまちで、A社は都合の悪い資料はまったく出してきません。
 B社はもう倒産しそうなので、2割ぐらいしか払えないと苦しい事情を訴えました。
 C社は、5割なら何とか支払う、D社は金額も少なかったので7割回収できました。
 このようにばらばらの結果になっています。
 日掛けの金利は現在54.75%ですが、いずれこんな業者は消えていくと思われれます。
 しかし驚いたのは、このような高金利でも借りている個人の事業者が多かったことです。
 そして日掛けで借りていて払えなくなると、いよいよ自己破産を検討するといったコースが増えています。
 日掛けにたよる前に任意整理での解決をご検討ください。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 05:53 * comments(0) * trackbacks(26) *
支払いが先か任意整理が先か
 200万円の債務があるお客さんの相談。
 よく聞いてみると3〜4年ほど返済を続けているということで数十万は払いすぎていると思われます。
 任意整理で債務を圧縮し、他で安い金利で借りてきて返してしまいたいとのことです。
 ですが、それでは任意整理の段階でブラックになり、他で借りられないかもしれませんよ。どうせなら200万借りてきて全部返してください。
 その後、全社に過払い請求してください。
 全者100%過払いです。
 このやり方ならブラックにもなりませんよ。
 とアドバイスしました。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683

 
* 17:54 * comments(0) * trackbacks(26) *
| 1/2PAGES | >>