<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
再生できるか?
 昨年の夏に申し立てた個人再生のお客さん。
 裁判官から転職してはどうかといわれていました。
 わりと堅い仕事に転職し、ここからもう一度再生計画の練り直しとなりました。
 過去3回の面談の印象が悪かったのと、今回の所得もやや不十分。
 もし再生が認められないとどうなるか。
 また業者の追求がはじまるのか、どうなのでしょう。
 先の見えない状態で次回の面接日が近づいています。
 何とか債務を5分の1に圧縮して150万にできるかどうか。
 本人にとっては大変な重さです。
 破産は免れたいのですが・・・・
 借金整理はお早めに。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 17:49 * comments(0) * trackbacks(7) *
個人再生で転職
 昨年の秋に個人再生手続きの申立をしたお客さん。
 収入が不安定だったため裁判官から転職をすすめられていました。
 当初はそんなことまで裁判官が言うかと思っていましたが、数ヶ月たってみて確かに収入が不安定で、残債務を150万ほどに圧縮しても支払い困難な状態です。
 結局その方は転職しわりと安定した職につきました。
 手続きはまた最初からやり直し状態で、弁済計画の組み直しとなりました。
 裁判官はさすがに見る目があったと思いました。
 個人再生手続きにより、債務は100万を下限として、通常5分の1(3000万超は10分の1) まで減らせます。
 破産よりペナルティは軽いです。
 任意整理がきびしい場合、利用していただくとよいですね。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
 
* 06:11 * comments(0) * trackbacks(7) *
個人再生できません
 負債が3500万の個人事業者。
 借り入れは銀行3社というお客様。
 電話で概要をお聞きし、後日事務所でご相談を受けました。
 ところが、不動産には抵当権がついており、不動産の時価も3500万ほど。
 抵当権者は別除権といって、再生手続きとは別にいつでも抵当権を実行して債権の回収をはかれます。結局この方は破産手続きの申立となりました。

 明日から3日間出張です。
 久しぶりに遠方へまいりますので、ブログはお休みとなります。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 04:35 * comments(0) * trackbacks(25) *
| 1/1PAGES |