<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
特定調停と任意整理のちがい
 任意整理で進めましょうと言っていたのですが、費用が高くつくので特定調停ですすめたいと言うお客さんがいます。
 費用面だけみると、業者の数が増えていくと任意整理のほうが高くつく場合があります。
 但し、特定調停はまず申し立てそのものが結構手間がかかること、必ず本人が裁判所に出向かなければならないこと、過払い請求は調停内ではできないところなどが違います。
 このお客さんは、ご自分で裁判所へ手続きを聞きに行ったところ、手続きの大変さを知り結局は任意整理ですすめてほしいと言うことになりました。
 費用については、少し値引きさせていただくことで納得してもらいました。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683

* 05:37 * comments(0) * trackbacks(42) *
調停委員は不親切?
 特定調停に限らず、調停に出たことのあるお客様から、調停委員はあまり話しを聞いてくれないとか、相手の弁護士の言いなりだとか不満の声をよく聞きます。
 そもそも調停委員とはどんな人がなるのかといいますと、弁護士はじめ各士業の方、各業界から推薦された方など様々ですが、一般には公開されておらず、調停委員は名前や職業を聞かれても名乗らない方がほとんどです。
 まずこのあたりに問題があるような気がします。
 どちらにせよ、一般的に評判はあまり良くないように感じられます。
 裁判所も市民のためのサービス機関であるはずですので、もう少し調停委員の自覚を問いたいところです。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 05:04 * comments(0) * trackbacks(21) *
相続人が行方不明
 相続人のうちの一人が行方不明で遺産を分けられない。
 結構よくある話です。
 どうすれば良いかといいますと、まず行方不明者の足跡を住民票などでたどり、
 最後の住所地は現地調査をします。
 その後、調査報告とともに裁判所へ不在者財産管理人の選任を申立て、
裁判所の許可を得て遺産分割の運びとなります。
 通常数ヶ月の期間を要しますが、ほかの相続人さんの協力を得られれば解決できます。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 06:16 * comments(0) * trackbacks(3) *
自分でできる特定調停
 裁判所の手続きはむつかしいと思われるのが普通で、確かに難しいと言えます。
 ただし民事調停の申立は一般の方でも十分できます。
 今は簡易裁判所の受付で親切に教えてくれますので、印紙代と切手代で1万円もあれば
 調停委員が借金を整理してくれる特定調停の申立ができます。
 ただし、事前に集めなくてはならない書類も多いので、お年寄りの方は事実上できないかもしれません。
 私が依頼を受けますと、実費をふくめて10万〜15万円程度の費用がかかってしまいますので、一度ご自分で挑戦してみてください。

 さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
 司法書士 熊 田 健 治
 相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 11:19 * comments(0) * trackbacks(16) *
特定調停とは
 特定調停とは、簡易裁判所の調停委員が金融業者と交渉し、債務の圧縮・利息カット・原則3年以内の長期分割返済の和解を成立させます。
 一般の方でも、簡易裁判所の窓口で相談すればご自分でもできます。
 申し立て費用は業者の数によりちがってきますが、数千円から1万数千円もあれば足ります。 
 特定調停と司法書士の任意整理との大きなちがいは、過払いのある業者が発覚しても裁判所は過払い金の請求はしてくれません。
 そんな時は、過払い業者のみ取り下げて、司法書士に任意整理を依頼するのがよいでしょう。

さくら司法書士事務所 ←ここをクリック
司法書士 熊 田 健 治
相談専用電話 058−337−0683
* 06:04 * comments(0) * trackbacks(8) *
| 1/1PAGES |