<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ブログはアメブロで書いています


 アメーバで「家族でごはん」というブログを書いています。


 ブログはこちらをご覧ください。


        司法書士けんじ のブログ  「家族でごはん」


   借金・相続などの無料相談は

            058−337−0683へどうぞ


  

* 05:44 * comments(0) * trackbacks(0) *
来年はどうなるか債務整理
 今年は、貸金業法の改正があり消費者金融の各業者にとっては大きな

節目になったのではないでしょうか。

また、武富士の倒産や弁護士・司法書士の大手事務所がテレビ・ラジオで

コマーシャルを始めたため、過払い請求は加速されたことと思われます。

どの業者も苦しい状態でしょう。

実際、和解金額は値切られるは、支払時期は先送りされるは、来年も

この状況はさらに続くでしょう。

過払いで取れる金額の割合がどんどん下がり、消費者金融はどれだけ

の業者が生き残れるか、予想がつきません。

消費者金融にとっては暗黒の時代でしょう。

最終的には、全部銀行が面倒を見ることにでもなるのかなとも思います。

とはいえ、まだまだ過払い請求ができることを知らない方は五万といらっしゃる

ことと思います。

ある意味早いもの勝ちの世界です。

一日でもはやくご相談されることをお薦めします。


さくら司法書士事務所

司法書士 熊 田 健 治

相談専用電話 (相談無料)058−337−0683

* 05:29 * comments(6) * trackbacks(0) *
過払い金は返って来るか
 先日の武富士の倒産(会社更生の申立)以来、過払いの和解をされたお客さんや、
 
武富士に長く返済をしていた方からの問い合わせが何件かあります。

タッチの差で過払い金を回収できた人、できなかった人がいます。

この分だと、他の金融業者もあぶないのではないかと心配もされています。

たまたま返金の期日が9月の半ばか月末かでほとんどゼロか数10万又は数100万

も違うのはいかにも不公平感があります。

こんな大規模倒産については、政府も何らかの手を打つべきでしょう。

しかし、現実はそんなふうにはならないと思います。

これをきっかけに、長年消費者金融などに支払いをして来られた方は、ぜひとも任意

整理をお薦めします。

過払い請求は、早いもの勝ちが現実です。



さくら司法書士事務所

司法書士 熊 田 健 治

相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 07:07 * comments(5) * trackbacks(0) *
ブックリユース(本の交換)
 昨日は、「「ありがとうの会」」岐阜のブックリユース(本の交換) というイベントにスタッフ

で参加させていただきました。

交換の対象は絵本とコミックなのですが、ここにもいろんな人間模様が見えます。

子供が絵本を粗雑に扱っても知らん顔をしている親、痛んだ低額な絵本を持ってきて、高

額なきれいな本をさっさと持ち去ろうとする親など、がっかりするシーンがありました。

特に、今の若い世代の親さんたちの常識はどうなっているのかと思うときがあります。

法律は確かに難しいものですが、その根本は一般常識とかわりません。

法律的な問題を起こす人は一般常識にも欠けている人が多いです。

親が自分の子供を大切に育てれば、子供は必ず良い子に育ちます。

一般常識とは知識だけではなく、親から学んだ当たり前の感覚なのではないかと思います。

まずは親のしつけが基本なのでしょう。

私も子ども達を大切に育てていきたいと思います。


さくら司法書士事務所

司法書士 熊 田 健 治

相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 06:34 * comments(1) * trackbacks(0) *
武富士の相談
 みなさんご存じのように武富士が会社更生を申請しました。

何人かの方から問い合わせがありました。

そのうちの何件かは、支払はもうしなくてもいいですかというものですが、基本的に支払は

続けなくてはなりません。

但し、何年も払い続けている方は債務整理によって債務がなくなることももちろんあります。

テレビ報道で気になるのは、以前のクレディアでは過払いの4割は返ってきたといっていますが

あれは民事再生という手続のケースで今回の会社更生とはかなりちがうということです。

実際会社更生をしたロプロは3%しか返らなかったのですから、こちらを実例に考えるべき

でしょう。

僕のお客さんにも残念ながら数名過払いの和解ができていた方がみえます。

ほとんど返るお金はゼロと思っていた方がいいのではないでしょうか。

武富士のご相談はお早めに。


さくら司法書士事務所

司法書士 熊 田 健 治

相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 06:18 * comments(1) * trackbacks(0) *
今日は不動産の決済
 今日はひさびさに大きな決済があります。

決済というのは、不動産の売買契約の最後の支払と不動産・書類などの受け渡しを関係者が

全員集まり、完結することです。

今日は売買の当事者はもちろん、不動産業者・弁護士・銀行・市役所など豪華なメンバーで

秋の特別番組みたいな状況です。

ある意味では、司法書士の腕のみせどころみたいな場面ですが、実際には責任ばかり重く

仕事としてはけして嬉しくはありません。

しかしこれが出来るのが司法書士の職能ですので、気合いを入れて今日も臨みます。

金額が大きいと、お金のやりとりだけで相当時間もかかりますので長い一日になりそうです。

なんとか無事に終わりたい一日です。



さくら司法書士事務所

司法書士 熊 田 健 治

相談専用電話 (相談無料)058−337−0683

* 05:38 * comments(0) * trackbacks(0) *
5年で離婚
 結婚5年で離婚したいという相談。

二人とも20代の夫婦で、子供も一人いるのですが。

詳しいことは聞きませんが、いかがなもんでしょう。

車でもなかなか5年では買い換えません。

今の若者は、我慢や強調制が少し欠けていませんか。

相手が悪いから、慰謝料だの養育費だのお金のことばかり。

この手の相談には、事務的に回答しますが、あとはお好きなようにという感じで、あまり

力がはいりません。

昨日も書きましたが、家族というものを考え直してみるべきではないでしょうか。

今生めぐりあった大切な家族。

大きな運命が働いていると思います。



さくら司法書士事務所

司法書士 熊 田 健 治

相談専用電話 (相談無料)058−337−0683



* 05:33 * comments(0) * trackbacks(1) *
法律問題は家族問題
 法律相談をやっていていつも思うのですが、ほとんどの法律相談は実は家族の問題が根本にある

ということです。

家族の和がないと、それぞれが自分の思いだけでお金を使ったり、お金を借りたり、人と争ったりと

あとでしまったと思うことをしてしまいます。

家族が仲良ければ、何をするにもまず家族の事をきっと考えるでしょう。

現実は残念なことに、本当に仲の良い家族って少ないのじゃないのでしょうか。

家族の中の一部で仲が良くっても、どこかでほころびがきます。

みんなが仲良くならないとだめです。

私も嫁の母とは一時犬猿の仲でした。

それでもあるときお互いがそれまでのことを謝って仲良く出来るようになりました。

今は、何とかまとまった家族になりつつあります。

これからも気を付けないと、いつ家族の和が崩れるかわかりませんが、お互いが努力しあえば

必ずできると信じています。


さくら司法書士事務所

司法書士 熊 田 健 治

相談専用電話(相談無料) 058−337−0683
* 10:04 * comments(0) * trackbacks(0) *
武富士ついに会社更生
 今日のニュースで武富士がとうとう会社更生の申立をするとのこと。

ずっと気にはなっていました。

早ければ今年いっぱいかと、お客さんにも話していたところです。

幸い今ある武富士の確定過払いは数人のお客さんですが、多い人は来年2月に200万円

帰る予定ががっくり。

もう少し早く依頼してくだされば間に合ったかもしれません。

やはり何事も早いに超したことはないようです。

これで大手も一渡り倒産や合併などをしたところですが、まだまだ二次的な倒産なども

あるかもしれませんね。

とにかく長年支払っている方は一日も早く司法書士にご相談ください。


さくら司法書士事務所

司法書士 熊 田 健 治

相談専用電話 (相談無料)058−337−0683    
* 13:50 * comments(0) * trackbacks(0) *
遺言はあったけど
父が亡くなり 相続が開始し、遺言がでてきました。

ところが相続人であるお兄さんも遺言をあずかっていました。

どちらも自筆証書遺言。

自筆証書遺言は要件が厳密で、せっかく具体的な内容が書いてあっても無効になる

可能性が高い遺言です。

二つの遺言は要件を満たし、そして微妙に内容に齟齬があります。

兄弟でお互いが都合の良い解釈をし争いになりました。

結局、調停事件となり弁護士に依頼することに・・・

この世を去る前に子ども達の為にと書くべき遺言もこれではかえって争いの種を作る

ことになってしまいました。

年老いてからつくるとこのようなこともありえます。

遺言はできるだけお早めに、よく考えて作りたいものです。


さくら司法書士事務所

司法書士 熊 田 健 治

相談専用電話 (相談無料)058−337−0683
* 05:53 * comments(1) * trackbacks(0) *
| 1/25PAGES | >>